シミウス 医薬部外品

投稿日:


医薬部外品って何?化粧品との違いが分からない・・そんな方のために医薬部外品の紹介と化粧品との違いをまとめてみました。

結論から言いますと、配合される成分の違いと効果の違いです。

つまり、配合される成分の違いによって、公的に化粧品には効果が認められていなくて、医薬部外品には効果が認められているということです。

少し分かりずらいと思いますので詳しくご説明しますね(^^♪

化粧品と医薬部外品の違いとは?

化粧品と医薬部外品の違いは2つ。

  • 配合される成分の違い
  • 効果効能の違い

となります。

化粧品に配合される成分とは?


化粧品に配合される成分は基本的には自由です。成分の種類や配合量を開発メーカーが自由に決めることができます。

しかし、配合された成分に対する効果効能は公的には認められていないため効果に対する表現は下記になります。

  • 肌を整える
  • 肌のキメを整える
  • 皮膚を健やかに保つ
  • 肌荒れを防ぐ
  • 肌をひきしめる
  • 皮膚にうるおいを与える
  • 皮膚の乾燥を防ぐ

などになります。

医薬部外品に配合される成分とは?


医薬部外品に配合される成分には制約があります。厚生労働省が認めた成分を定められた配合量の範囲内で商品を開発する必要があります。

これにより、配合された成分に対する効果効能は公的にも認められたものになるので下記の表現が可能になります。

  • 日やけによるシミ・そばかすを防ぐ
  • 日やけ・雪やけによる肌あれを防ぐ
  • 日やけ・雪やけを防ぐ
  • 肌あれ、あれ性、あせもを防ぐ
  • しもやけ・ひび・あかぎれを防ぐ
  • にきびを防ぐ

などになります。
参考文献:厚生労働省|医薬部外品の効果効能の範囲

つまり、医薬部外品には、具的な効果効能が公的に認められているということです。

どうして効果効能が認められているの?


厚生労働省に効果効能が認められている成分は、厳しい臨床試験を行うことで科学的な根拠と臨床データーが揃っています。

そういった科学的な根拠があるので効果効能が認められています。

逆に化粧品に配合されている成分には、臨床試験を行った科学的な根拠と臨床データーが揃っていないことが多く公的にも効果効能が認められていません。

シミウスは医薬部外品に認定された美白ジェル!


シミウス厚生労働省が認めた医薬部外品の美白ジェルなので「シミ・そばかすを防ぐ」という効果効能が公的に認められています。

具体的には「プラセンタエキス」「グリチルリチン酸ジカリウム」が効果効能を認められた有効成分になります。

シミ対策に安心して使うことができる商品ということですね。

まとめ

いかがでしょうか?化粧品と医薬部外品の違いは配合されている成分と効果効能の違いでしたね。

どうせ買うんだったら効果効能がしっかり認められている「医薬部外品」の方が安心だと思います(^^♪

関連記事

シミウスの副作用が心配!?敏感肌の私が体験した結果は?
@コスメの悪い口コミvs良い口コミ|シミウスの悪い点&良い点は?

-豆知識

Copyright© シミウス 口コミ , 2019 All Rights Reserved.