シミ 消す

投稿日:


今あるシミを消してシミのない肌になりたいと思いませんか?

実はシミには自宅で消せるシミと消せないシミがあります。

シミの正体を知ることで自宅で消せるシミなのか、それとも病院での治療が必要なのかチェックして下さい。

自宅でシミを消す&増やさない4つの対策もご紹介しますね。

自宅で消せるシミと消せないシミ

あなたのシミは自宅で消せるシミなのか消せないシミなのか?

自宅で消せるシミ

老人性色素班(ろうじんせいしきそはん)

紫外線の影響によってメラニンを含んだ細胞が肌の表面に残っている状態。一般的な「シミ」がこのタイプになります。

輪郭がぼやけていて、薄い状態であれば自宅で消すことが可能ですが、輪郭がはっきりして、色が濃くなってくると難しくなります。

炎症後色素沈着(えんしょうごしきそちんちゃく)

ニキビや虫刺され、湿疹などの炎症の後に出来るシミで、メラニンが過剰生成されて肌の表面に残っている状態です。

灰色や青みがかった色のシミは肌の奥深くまでメラニンが生成されているので改善が難しくなります。

肝斑(かんぱん)

頬のあたりやおでこなどに左右対称に出来ることが多く、女性ホルモンのバランスを崩した時に出来やすいと言われています。

30~40代に発症することが多く、紫外線を浴びることで表に現れたり、悪化することがあります。

自宅で消せないシミ

そばかす

鼻を中心に小さな斑点が散らばるように広がります。遺伝によるものが多く10代から出てきます。

原因が加齢や紫外線などによる後天性の場合は自宅で薄くすることは可能ですが、遺伝性の場合は薄くするのは難しいようです。

脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)

紫外線や加齢によって出来る皮膚の良性腫瘍で「年寄りいぼ」とも呼ばれています。初めは1~2㎜の小さないぼですが、少しずつ数が増えて大きくなります。

色も褐色から黒色まで様々で、形も平らなものから隆起したものまでいろいろです。

花弁状色素班(かべんせいしきそはん)

強烈な紫外線を浴びたり、日焼けを繰り返すことで肩から背中にかけて出来ることが多い花びら状のシミです。

大きさは1~2㎜くらいの小さなシミで、数年後に発症する場合もあります。

注意ポイント

そばかす、脂漏性角化症、花弁状色素班は、自宅で消せないシミですが、病院でのレーザー治療で消すことが可能です。

シミが増える原因

老人性色素班、炎症後色素沈着、肝斑などのシミが増える原因をご紹介します。

角質肥厚(角質がぶ厚くなる)

角質肥厚とは、本来であれば剥がれ落ちるはずの古い角質が肌の表面にとどまることで角質がぶ厚くなった状態です。

角質肥厚によって、肌のくすみやシミが目立ちやすくなります。

肌のターンオーバーの乱れ

肌の一番奥の基底層で新しい皮膚細胞が生まれると、約1~2ヶ月かけて肌の表面へと押し上げられて、やがて垢となって剥がれ落ちていきます。

これをターンオーバーといいますが、肌のターンオーバーが乱れると、メラニンを含んだ細胞が剥がれ落ちることなく肌に残った状態になります。

その結果「メラニン=シミ」を含んだ細胞が徐々に増えてしまってシミが目立つようになります。

メラニン色素の過剰発生

肌に紫外線を浴びると肌の奥にあるメラノサイトがメラニンを作り出して紫外線や活性酸素から肌を守ろうとします。

メラニンは肌を守るためには大切な存在ですが、必要以上に増えすぎてしまうとシミの原因になります。

女性ホルモンの乱れ

生活習慣や過度なダイエット、ストレスなどによって女性ホルモンの分泌が減少したり、乱れたりすることで肝斑のシミが増えることがあります。

シミのない肌になる5つの極意とは?

極意1:古い角質を除去する

ピーリング

ピーリングは肌表面に残っている古い角質を取り除く美肌ケアの一つです。

古い角質を取り除くことで肌のくすみの改善はもちろん、メラニンを含んだ角質も除去されるのでシミを薄くすることが出来ます。

また、古い角質を取り除くことで角質肥厚もなくなり、肌のターンオーバーが早まります。

酵素洗顔料

角質層の角質細胞は細胞間脂質によって、簡単に剥がれ落ちないように固められています。

しかし、角質層の厚さが一定以上になると、酵素の働きで角質細胞や細胞間脂質が分解されて垢となって剥がれ落ちます。

この酵素は乾燥や加齢によって働きが弱くなることが分かっています。そのため、酵素が配合された洗顔料を利用すると効果的です。

極意2:肌のターンオーバーを促進する

化粧品(成分)

肌のターンオーバーを促進するおすすめの美容成分は、「プラセンタ」「セラミド」です。

プラセンタは、豚や馬の胎盤から抽出された美容成分で、特にアミノ酸が豊富に含まれているため細胞が活性化され肌のターンオーバーが促進されます。

肌のターンオーバーを促進するには、肌の保湿も欠かせません。セラミドは肌表面のうるおいをキープする細胞間脂質の主成分です。

プラセンタとセラミドは肌のターンオーバーを促進するためには大切な美容成分です。

睡眠

出典:資生堂|成長ホルモンと睡眠の関係

肌細胞の再生や肌のターンオーバーは睡眠中の成長ホルモンの分泌によって行われています。

資生堂の調査によると、寝入りばなに成長ホルモンの分泌が多いことが確認されています。

そのため、睡眠不足が続くと成長ホルモンの分泌も弱くなるので1日6時間以上の睡眠をとるようにしましょう。

極意3:メラニンを還元(無色に)する

美白化粧品(成分)

美白化粧品に配合される成分の中でも、すでに出来てしまったメラニンを還元(無色に)する効果があるのは「ハイドロキノン」「ビタミンC誘導体」です。

この2つの美白成分の特徴としては、ハイドロキノンは優れた還元作用がある反面、肌への刺激が強い成分です。

ビタミンC誘導体は、ハイドロキノンに比べると還元作用は緩やかですが、肌への刺激も弱く安心して使える成分です。

食べ物

赤ピーマンやレモン、キウイに含まれるビタミンCは酸化の防止に加え、メラニンを還元(無色に)する効果があります。

ビタミンCは体内で作れないので食事やサプリメントで摂取する必要があります。1日の摂取量の目安は100㎎と設定されています。

極意4:メラニンを防ぐ

美白化粧品(成分)

美白化粧品に配合される成分の中で「アルブチン」「トラネキサム酸」「プラセンタ」は、メラニンの生成を防ぐ効果の高い美白成分です。

いずれの成分も肌への刺激もほとんどなく安全性の高い成分です。

食べ物

トマトに含まれる「リコピン」は、メラニンの生成の原因となる活性酸を無害化する抗酸化作用に優れた食べ物です。

活性酸素が無害化されることでメラニンの生成を防ぎます。

極意5:女性ホルモンの活性化

軽い運動

ウォーキングやストレッチなどの軽い運動は血行を促進して新陳代謝を高める効果があります。これが女性ホルモンの活性化にもプラスの効果となります。

デスクワークなどで運動する機会がない方は特に軽い運動を心がけましょう。

食べ物

納豆や豆腐、油揚げには、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをする「大豆イソフラボン」が豊富に含まれています。

毎日の食事で積極的に摂取することで女性ホルモンの活性化に役立ちます。

まとめ

いかがでしょうか。

ポイント

・自宅で消せるシミ&消せないシミ
・シミが増える原因
・シミを撃退する5つの極意

などをご紹介しました。

シミ対策の鉄則は、今あるシミを消して、新しいシミを防ぐことですね。

シミ対策に迷ったら参考にしてみてください!

関連記事

肝斑とシミの見分け方はコレ!原因と治し方
皮膚科でシミの保険適応は受けられる?

-豆知識

Copyright© シミウス 口コミ , 2019 All Rights Reserved.